初心者のためのカラコンの選び方

Posted by maker on — Posted in 未分類

カラーコンタクトレンズは目に直接装着するものなので、まずは安全性を最優先して選ぶべきです。自分の目の形状に合わないものや粗悪品を選んだりしてしまうと、目に傷をつけてしまうこともあります。

そのため、自分の目に合ったカラコンを選ぶためにも、まずは眼科に行きましょう。「カラコンを買うので調べてください」と言えば、自分に合ったカラコンを選ぶ際に必要な、ベースカーブ(BC)、直径(DIA)、度数(PWR)といったデータを取ってくれます。

同時に、コンタクトレンズの正しい使い方や手入れ方法なども聞いておくといいでしょう。

さて実際にカラコンを買う時の選び方ですが、眼科でとったデータに合うものを選ぶのも大切ですが、含水率も気にしたいところです。含水率が低いレンズは目に必要な酸素が十分に届かないことがあるため、目のトラブルの原因となります。含水率は一般的には38%前後のものが多いので参考にしてください。

色やデザインについては、実際に買ってつけてみないとわからない部分が大きいので何とも言えませんが、最初は無難なフチありのブラウン系がいいでしょう。発色については、写メで自撮りすればすぐにわかります。

カラーコンタクトの情報

おしゃれに興味を持っている人の中には、カラーコンタクトを使用している人がたくさんいます。というのも、カラーコンタクトを使用すると、目元の印象を華やかに見せたり、おしゃれに見せたりすることができるからです。

巷で販売されているカラーコンタクトの種類にはたくさんあるため、購入するときに迷ってしまうという人も少なくありません。選び方のポイントとしては、目にしっかりとフィットするレンズを選ぶことが大事です。

痛みがある場合は、注意が必要です。また、レンズの柄や色に関しては、個人の好みに合うものを選ぶことができます。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。