安全なコンタクト選び

Posted by maker on — Posted in 未分類

いまや、目元のおしゃれに欠かすことのできないカラーコンタクト。

簡単に購入できて、簡単に装着できることで人気ですが、目に直接装着するものですから、安全な商品を選びたいものです。

カラーコンタクトの安全性を判断する材料はいくつかありますが、とくに注意したいのは、コンタクトの着色方法です。たとえば、レンズに直接着色しているものは、目に、レンズの色素が触れてしまうので、傷つきやすくなります。レンズとレンズの間に、色素を挟み込んで作られているものが、比較的安全と言えます。

また、酸素透過率の高いものを選ぶことも重要です。目は、空気中から直接酸素を取り込んでいます。より、酸素の通しやすいものを選ぶとよいでしょう。

カラーコンタクトレンズの安全性

最近、若い女性のあいだでカラーコンタクトレンズが流行しています。有名女優さんのみならず一般女性でもカラーコンタクトレンズを装着している瞳に惹き付けられますので、人気があるのも当然かもしれません。

一方でカラーコンタクトレンズは安全性に問題があるという意見をよく聞きます。目を傷つけたり間違って失明する可能性があるというのです。しかしながら、そのような危険性のあるものなら何らかの法規制がかかるはずだと思いませんか。

要は使用上のポイントを守ることです。安全基準を満たしたものや自分の目に合ったものを選び、使用方法を間違えないようにする。それさえ守れば問題なく使うことができるでしょう。

 

1day コンタクトレンズ

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。