選び方のポイントはいくつかあります

Posted by maker on — Posted in 未分類

カラーコンタクトを選ぶ時のポイントはいくつかあります。

利用するシーンで選ぶのであれば色やカラーコンタクトの着色直径(色や模様の大きさ)がポイントです。

色の場合グレー系やブラウン系であれば自然な感じに、レッド系やイエロー系であれば派手な感じにすることができます。
着色直径の場合は数値が小さいものほど自然な感じに、大きいものほど派手に見えます。

コスト面で選ぶのであれば使用期間が長いタイプの方が安く入手できてワンデータイプは最も高いです。
またお手入れを煩わしく感じるのであればワンデータイプがおすすめです。

ただし覚えておきたいのは最初は眼科で検診を受けて自分の目の視力やサイズを把握してからこれらのポイントを参考に選ぶようにしましょう。

カラーコンタクトの選び方

カラーコンタクトは、目的や髪型、服装のタイプなどに合わせて選びます。学校や仕事場で華美になりすぎずナチュラルにデカ目にしたいときには、ブラウンやブラックなど自分の目の色と合わせることで、スッピンでもばっちりのナチュラル仕様にできます。

夜の飲食店やバーなどは、照明が薄暗いため、厚化粧になりすぎないようにカラーコンタクトでアピールすることができます。ブラックやブラックよりも赤系を選ぶことで、暗い場所でも印象的な雰囲気を作ることができます。カラー部分のデザインがドットになっているとナチュラル感や立体感がでて作り過ぎずに盛ることができます。

安全な選び方について

カラーコンタクトは目に直接つけるため、安全な選び方が大切です。レンズの安全性は、着色方法によって決まります。

サンドイッチ製法と呼ばれる、レンズとレンズで色素を挟み込み、目に直接色素が触れないようにする方法が安全性が高いです。レンズの表面に着色しているだけのような粗悪なレンズを使うと着色部分と同じ位置にリング状の傷が出来てしまうケースもあるため、特に注意が必要です。

また、着け心地は、レンズの酸素透過性によって決まります。含水率が低かったり、レンズが分厚すぎると酸素が目に十分にとどかなくなります。一般的には、38%前後のレンズが多いです。

1件のコメント »

Comment by Mr WordPress

これはコメントです。
コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Posted on 2014年8月7日 at 9:35 AM

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ