安全なコンタクト選び

Posted by maker on — Posted in 未分類

いまや、目元のおしゃれに欠かすことのできないカラーコンタクト。

簡単に購入できて、簡単に装着できることで人気ですが、目に直接装着するものですから、安全な商品を選びたいものです。

カラーコンタクトの安全性を判断する材料はいくつかありますが、とくに注意したいのは、コンタクトの着色方法です。たとえば、レンズに直接着色しているものは、目に、レンズの色素が触れてしまうので、傷つきやすくなります。レンズとレンズの間に、色素を挟み込んで作られているものが、比較的安全と言えます。

また、酸素透過率の高いものを選ぶことも重要です。目は、空気中から直接酸素を取り込んでいます。より、酸素の通しやすいものを選ぶとよいでしょう。

カラーコンタクトレンズの安全性

最近、若い女性のあいだでカラーコンタクトレンズが流行しています。有名女優さんのみならず一般女性でもカラーコンタクトレンズを装着している瞳に惹き付けられますので、人気があるのも当然かもしれません。

一方でカラーコンタクトレンズは安全性に問題があるという意見をよく聞きます。目を傷つけたり間違って失明する可能性があるというのです。しかしながら、そのような危険性のあるものなら何らかの法規制がかかるはずだと思いませんか。

要は使用上のポイントを守ることです。安全基準を満たしたものや自分の目に合ったものを選び、使用方法を間違えないようにする。それさえ守れば問題なく使うことができるでしょう。

初心者のためのカラコンの選び方

Posted by maker on — Posted in 未分類

カラーコンタクトレンズは目に直接装着するものなので、まずは安全性を最優先して選ぶべきです。自分の目の形状に合わないものや粗悪品を選んだりしてしまうと、目に傷をつけてしまうこともあります。

そのため、自分の目に合ったカラコンを選ぶためにも、まずは眼科に行きましょう。「カラコンを買うので調べてください」と言えば、自分に合ったカラコンを選ぶ際に必要な、ベースカーブ(BC)、直径(DIA)、度数(PWR)といったデータを取ってくれます。

同時に、コンタクトレンズの正しい使い方や手入れ方法なども聞いておくといいでしょう。

さて実際にカラコンを買う時の選び方ですが、眼科でとったデータに合うものを選ぶのも大切ですが、含水率も気にしたいところです。含水率が低いレンズは目に必要な酸素が十分に届かないことがあるため、目のトラブルの原因となります。含水率は一般的には38%前後のものが多いので参考にしてください。

色やデザインについては、実際に買ってつけてみないとわからない部分が大きいので何とも言えませんが、最初は無難なフチありのブラウン系がいいでしょう。発色については、写メで自撮りすればすぐにわかります。

カラーコンタクトの情報

おしゃれに興味を持っている人の中には、カラーコンタクトを使用している人がたくさんいます。というのも、カラーコンタクトを使用すると、目元の印象を華やかに見せたり、おしゃれに見せたりすることができるからです。

巷で販売されているカラーコンタクトの種類にはたくさんあるため、購入するときに迷ってしまうという人も少なくありません。選び方のポイントとしては、目にしっかりとフィットするレンズを選ぶことが大事です。

痛みがある場合は、注意が必要です。また、レンズの柄や色に関しては、個人の好みに合うものを選ぶことができます。

コンタクトの選び方について

Posted by maker on — Posted in 未分類

カラーコンタクトを選ぶときは、まずは眼科に受診して目のカーブ(B.C)を測ってもらい、医師の診断の元でカラーコンタクトを選んだほうがいいです。

目にあったカラーコンタクトは、ずれたり目が充血することもなく、きれいな瞳でいられます。またレンズのデザインは、出来るだけシンプルなものがいいです。

そして最も気を付けたいのは、日本製のもので出来るだけ薄いものを購入することです。安心安全な面からしても、ワンデータイプはケアの必要がない為、毎回清潔なレンズを使うことができます。

長時間使っていても瞳が潤って付け心地がとても気持ちがいいので、選ぶならワンデーコンタクトを選ぶようにしたほうがいいです。

カラーコンタクトの選び方

カラーコンタクトを選ぶ際には大切な目を傷つけたりしないためにも安全性をチェックすることも大切です。

レンズの最表面に着色が見られるものはレンズに含まれる色素の影響でまぶたの裏や目の表面が傷ついてしまうことがあります。
選び方としては色素が目に直接触れないように着色されたものを選ぶようにしましょう。

つけているときに目に必要な酸素が十分に届くかということも大切です。酸素透過性の良いものを選ぶようにしましょう。

初めて使うというときにはレンズケアの必要がないワンデータイプを選ぶとケア不足などで目の炎症を起こすという心配がなく安全に使うことができます。

カラーコンタクトの選び方

Posted by maker on — Posted in 未分類

カラーコンタクトは種類により様々な印象を与えます。例えば、黒髪の人にはブルーやグレー、ブラックなどが合い、茶髪の人にはブラックやブラウン、金髪の人にはグレー系やブラウンなどが合います。

また、カラーコンタクトを使いたい場所によっても向き不向きの色があります。学校やバイト先などでは派手なものよりもブラック系がいい印象を与えますし、落ち着いた印象を与えたい場合は、ブラウンなどが合います。

このようにカラーコンタクトは、目的や場所などによって選び方を変えることで、与えたい印象を相手に与えることができます。

コンタクトの選び方について

カラーコンタクトの選び方についてはやはり目を保護するものを選ぶことになるのでどのような種類のものでも、選ぶに際しては慎重になった方がいいです。
コンタクトを購入する手順としては、まず店舗検索で自分に合った種類があるかどうか確かめてみることから始めるのですが、省略したい場合は直接店舗に自分から出向いて店員に直接聞きながら、自分に合ったものを選ぶというのが最短ルートになります。

カラーコンタクトは近年になって多くの人に使われるようになったので、今後カラーコンタクトについて解説が大いに求められますので、選び方は慎重に考えましょう。

カラーコンタクトの選び方

初めてカラーコンタクトを選ぶ際には、どうやって選んだらよいのか悩むこともあります。たくさんの種類のカラーコンタクトがありますが、初めて使うという場合にはデザイン性も大切ですが、つけ心地が良く安全で安心して使えるものを選ぶようにすると良いです。

特につけ心地は大切で、どんなにデザインが良くても目が痛くなったりしてしまってはおしゃれを楽しむことができません。できるだけ薄く安心、安全な面からの選び方としてはケアの必要がないワンデータイプが良いです。

ワンデータイプは耐久性を持たせる必要がないのでレンズが薄く、毎回清潔なレンズを使うことができ安心です。

選び方のポイントはいくつかあります

Posted by maker on — Posted in 未分類

カラーコンタクトを選ぶ時のポイントはいくつかあります。

利用するシーンで選ぶのであれば色やカラーコンタクトの着色直径(色や模様の大きさ)がポイントです。

色の場合グレー系やブラウン系であれば自然な感じに、レッド系やイエロー系であれば派手な感じにすることができます。
着色直径の場合は数値が小さいものほど自然な感じに、大きいものほど派手に見えます。

コスト面で選ぶのであれば使用期間が長いタイプの方が安く入手できてワンデータイプは最も高いです。
またお手入れを煩わしく感じるのであればワンデータイプがおすすめです。

ただし覚えておきたいのは最初は眼科で検診を受けて自分の目の視力やサイズを把握してからこれらのポイントを参考に選ぶようにしましょう。

カラーコンタクトの選び方

カラーコンタクトは、目的や髪型、服装のタイプなどに合わせて選びます。学校や仕事場で華美になりすぎずナチュラルにデカ目にしたいときには、ブラウンやブラックなど自分の目の色と合わせることで、スッピンでもばっちりのナチュラル仕様にできます。

夜の飲食店やバーなどは、照明が薄暗いため、厚化粧になりすぎないようにカラーコンタクトでアピールすることができます。ブラックやブラックよりも赤系を選ぶことで、暗い場所でも印象的な雰囲気を作ることができます。カラー部分のデザインがドットになっているとナチュラル感や立体感がでて作り過ぎずに盛ることができます。

安全な選び方について

カラーコンタクトは目に直接つけるため、安全な選び方が大切です。レンズの安全性は、着色方法によって決まります。

サンドイッチ製法と呼ばれる、レンズとレンズで色素を挟み込み、目に直接色素が触れないようにする方法が安全性が高いです。レンズの表面に着色しているだけのような粗悪なレンズを使うと着色部分と同じ位置にリング状の傷が出来てしまうケースもあるため、特に注意が必要です。

また、着け心地は、レンズの酸素透過性によって決まります。含水率が低かったり、レンズが分厚すぎると酸素が目に十分にとどかなくなります。一般的には、38%前後のレンズが多いです。